果実酒くらぶ 果実酒レシピや果物のいろは果実酒くらぶ 果実酒レシピや果物のいろは

梅酒

梅酒作りで、ジメジメ梅雨もリフレッシュ!
果実酒づくりの基本がわかります

果実酒の中で最も人気の高い梅酒。おいしく作る秘訣は、虫食いや傷のない粒のそろった青梅を用意することです。芳香を求められる方には杏仁(漢方薬局で販売)を加えると、香りの高いお酒が出来上がります。

材料

青梅 1キログラム
氷砂糖
(はちみつなら2カップ 果糖なら1割減)
200~500グラム
35度 焼酎甲類(ホワイトリカー(1)) 1.8リットル

作り方

  1. 密閉びんの消毒
    密閉びんは熱湯で洗い、よく拭いておきます。
  2. 青梅の準備
    青梅は新鮮で無キズなものを選び、黄色くなったものは避けます。実は一粒ずつきれいに水洗いし、ざるに上げます。乾いた布で、ていねいに水気を拭き取ります。ヘタは竹ぐしなどで取り除き、くぼみの汚れもよく落とします。
  3. 仕込む
    密閉びんに青梅と糖類を入れます。焼酎甲類を注ぎ、しっかり密閉します。直射日光をさけ、温度変化の少ない冷暗所で保存してください。密閉びんには、仕込んだ年月日と果実酒名を書いたラベルを貼っておくと便利です。
  4. 熟成
    仕込んだ梅酒は、1カ月後から飲めますが、3カ月位からがおすすめです。1年で実を引き上げ、別のビンにガーゼをかぶせてこし、濁りをとります。これで、おいしい手作り梅酒のできあがり。

※さらに香りの高いものにしたい場合は、杏仁を一緒にどうぞ。漢方薬店で売ってます。

PAGE TOP